火災保険とはカテゴリの記事一覧

火災保険とは

火災保険とは住宅、店舗、事務所、工場などの建物や、家財、商品、備品、機械設備などの動産が、火災や爆発事故、風災、水災、雪災や地震などの自然災害によって損害を受けた時、損害を補償する保険です。
また、事故や災害時に発生する臨時の費用や、片付け費用、失火見舞い費用、地震火災費用なども補償する財産の危機に備えるための保険です。
保険料は建物の構造と地域で区分された料率表が保険の種類別に設けられていて、その料率をもとにして計算されます。

火災保険と一口に言っても、契約によって内容や補償の範囲は様々な種類があります。
主な火災保険には住宅火災保険、住宅総合保険、普通火災保険(一般物件用)、店舗総合保険、団地保険、積立生活総合保険、地震保険などです。
そして、タイプによって対象となる事故補償が異なります。
火災保険は建物と家財両方の契約ができ、建物だけ・家財だけ、と一方だけでも契約ができます。
また、地震保険は火災保険に加入していないと契約はできません。

最近では各保険会社から今まで無かった補償が付加されていたり(ドアロック交換費用・給配水管修理費用など)、反対に不要な補償を外すことができるといった、ユーザーのニーズに合わせた火災保険が登場しています。
様々な種類の火災保険を比較して、自身の家庭に合った火災保険を選択することが可能になっています。
それだけに、保険契約の際、各社の保険の比較を怠らないことが大切です。


タグ:火災保険
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。