住宅火災保険料カテゴリの記事一覧

住宅総合保険

住宅総合保険は、住宅火災保険と同じ損害を補償し、その他にも、建物外部からの物体の落下や衝突・飛来、水漏れ、騒擾(そうじょう)・労働争議、台風や豪雨などによる水害、盗難、持ち出し家財の損害を補償するものです。
価格協定保険特約、交通障害担保特約、個人賠償責任保険特約、借家人賠償責任担保特約がセットで付けられます。

・建物外部からの物体の落下や衝突・飛来は、航空機の墜落、車両の飛び込み、車両などの石跳ねなどを指します。
・水漏れとは、水道管の破裂や排水パイプの目詰まりなど、給排水設備に生じた事故や、他の戸室で起きた事故による水漏れや溢水(いっすい)などによる水漏れを指します。
・水害では、台風・暴風雨・豪雨などによって発生した洪水、高潮、土砂崩れなどにより一定以上の損害があった場合に、最大で保険金額の70%が支払われます。
・盗難による損害とは、盗難によって建物・家財が盗取、き損、汚損された場合の損害で、家財の契約のある場合、20万円を限度に実際の現金損が支払われます。
預貯金証書やキャッシュカードにより現金が引き出された場合にも、一定の条件を満たすと支払いの対象になります。
・持ち出し家財の損害とは、家財の契約がある場合において、旅行・買い物などのために一時的に持ち出された家財(現金は除きます)が、日本国内の建物内で火災等の損害を受けた場合に、1事故につき100万円か契約金額の20%限度で実際の損害額が支払われます。

このように、住宅総合保険は住宅火災保険をベースにさらに損害補償の範囲が広くなっています。
火災保険を比較する際には、補償内容をよく調べたうえで選ぶように心がけましょう。
火災保険を選ぶ際には、どのような補償内容を選ぶべきなのかを、商品をよく比較してください。


住宅火災保険

住宅火災保険は、住宅専用の建物、およびそれに収用される家財を対象とする火災保険です。
失火や類焼(もらい火)を原因とする火災、落雷、ガス爆発など破裂・爆発、消防活動による破壊や水濡れ・汚損、風災、雹(ひょう)災、雪災による窓ガラスや屋根の破損、などの損害を補償します。
そして、臨時費用、残存物取片づけ費用、失火見舞い費用、地震火災費用、傷害費用(被保険者が,その事故によって重傷・後遺障害・死亡した場合の補償)、損害防止費用が費用保険金として支払われます。
また、価格協定保険特約をつけると全損となった場合には、特別費用保険金が支払われます。

・保険金額が時価額の80%未満の場合、一部保険(保険金が比例払いとなり損害額より少なくなる)となります。
・風災、雹(ひょう)災、雪災による損害は、損害額が20万円以上の場合に保険金が支払われます。
・臨時費用は、損害保険金が支払われる場合に、1事故・1構内につき保険金の30%が100万円を限度に支払われます。
・残存物取片づけ費用(取り壊し費用、取片づけ清掃費用、搬出費用)は、保険金の10%が実費を限度に支払われます。
・失火見舞い費用は、火災、破裂・爆発の事故によって他人の所有物の損害を与えた場合に、被災世帯・法人数x20万円を1事故につき契約金額の20%を限度に支払われます。
・傷害費用は、風災、雹(ひょう)災、雪災の場合は保険金が支払われる場合に限られます。
・損害防止費用は、火災、破裂・爆発、落雷の損害防止、軽減のために支出した、例えば消火器の薬剤取替費用などが支払われます。
・地震火災費用は、地震・津波・噴火を直接・間接の原因の火災によって一定以上の損害を受けた場合、保険金額の5%、1事故・1構内300万円限度で支払われます。
・特別費用保険金は、1事故・1構内につき保険金の10%が200万円限度に支払われます。

火災保険を選ぶ時には、どのような内容の保険を選ぶかの比較が大切です。
比較するためには、内容をよく吟味して、わからなければ調べたり、質問することが必要です。
ぜひ、しっかり比較した上で納得のいく商品を選んでください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。